眼科系疾患

眼瞼痙攣(50代女性)

sos眼瞼痙攣が2週間ほど続き来院

肩こりは常にあり、項部痛も頻発している。眼の周り、頸部~肩甲骨内縁の筋緊張を緩め、ヘッドマッサージも加え施術する。治療後痙攣が治まる。その後もメンテナンスのために治療継続中。(秋間:柔道整復師)

涙管閉塞(80代女性)

sos涙管が閉塞し、膿がたまるため、月に数回眼科で針を刺して膿を出している

エアナジーをほぼ毎日1回(45分)、1か月続けたところ、膿がたまる回数が激減、この間病院に行かずに済んでいる。現在も治療継続中(エアナジー)

涙目(70代女性)

sos目から涙がこぼれてしまい、毎朝の散歩のときにはサングラスをしてでなければならない。とくにかゆみなどの症状はなく、季節は関係ない。

頸のかたさをゆるめ、こめかみをゆるめたところ、その場では目がきにならなくなった。経過観察中。(深沢:鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

疲れ目(40代男性)

sosスマホの見すぎのせいか、目が疲れて、乾き、しょぼしょぼするとご来院。

背中、頸を緩めて、目の周囲のツボに置鍼を施した。施術直後は目がはっきりとし、しょぼしょぼ感は消えた。(深沢:鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

慢性の眼精疲労(40代男性)

sos仕事はPC作業、眼の疲労を感じるが眼科では特に処方も治療も無かったため改善を望みご来院。

目を養う選穴、首から肩の凝り、手足の凝りにかけての血行不良を改善する治療を施す。鍼灸あと直ぐ全身にスッキリ感あり。週1で治療継続中。(秋谷:鍼灸師)

目の内側がピリピリする(50代男性)

sos長時間のパソコンで目を酷使しオーバーワーク気味。緑内障、ドライアイ、高尿酸血症。肩こりもある

目の血流や、首肩と筋肉や緊張を緩める治療を行う。1回の治療で目のピリピリする感覚はなくなったが治療継続中。(秋谷:鍼灸師)

眼瞼痙攣(50代女性)

sosひと月以上前から急に左目が痙攣しはじめ、ここ2週間は途切れることがなく痙攣し、鼻先、唇まで痙攣することがあるため辛いと来院

かなりストレスと疲労の多い毎日が続いていたところに、ご主人やお子さんの風邪の看病で追い打ちをかけられた後から発症したとのこと。眼科など病院には行っていないが、あまりに続くので心配になってきている。頸から肩、背中にかけて特に左側の緊張が強い。全身治療を2度ほどするがあまり改善せず。病院では抗不安、躁鬱、てんかん、睡眠障害などに使う「リボトリール」を処方すると聞いたことをヒントに、精神安定に使うツボに「皮内鍼」を入れたところ1日で痙攣が止まり、そのまま3日間入れたままにして改善。(関:鍼灸師)

疲れ目(40代男性)

sosシステムエンジニアのため、常にパソコンで作業をするが、両目(特に左目)の疲れがひどく、画面を見ていると気持ちが悪く、仕事への支障が大きいとのことで来院

かなり疲れ目の症状が強かったが、週に2回の治療を2ヶ月続ける事で、普通に仕事ができるようになった。以後もメンテナンスのために定期的に通院中(川口:鍼灸師)
TEL
料金表
治療家
スケジュール
アクセス