首こり病(自律神経失調症状を伴う首肩こり)

どんな病気?

不定愁訴症状(頭痛・眩暈・疲れやすい・イライラ・不安・動悸・逆上せ・頻尿・睡眠障害など多彩な自律神経失調症状)を伴う重度の首肩こりです。
更年期症状と間違われやすく、中高年の女性に多いのが特徴です

主な原因は?

長時間同じ姿勢で作業することが増えたこと、仕事の重圧や人間関係のストレスなどが増えたことなどが原因で、首や肩の筋肉が緊張して硬くなり、首の中の副交感神経が圧迫されるために様々な自律神経失調状態が生じます
首こり病(自律神経失調症状を伴う首肩こり)

治療で期待できる効果

ツボへの鍼灸、低周波刺激などにより、首肩の緊張が緩み、圧迫された神経が正常に働き始め、首肩こりの消失とともに自律神経が整い、不定愁訴が軽減します。気功やリハビリによりストレスが解消されます

  • 緊張している首と肩の筋肉を緩め、首肩こりや痛みを軽減
  • 自律神経失調症を改善し、不定愁訴症状を軽減
  • 気功やリハビリにより脳神経を活性化させ、ストレスを軽減

治療方法をもっと詳しく・・・

首こり病(自律神経失調症状を伴う首肩こり) PDF

TEL
ネット予約の
ご案内
スタッフ
紹介
料金