整骨

整骨/健康保険の適用があります

整骨とは、柔道整復師が行う 骨折・脱臼・打撲・捻挫 等の診療をする施術です

交通事故・労働災害等(主にむち打ちなど)の整骨治療も行なっております

むち打ち「むち打ち」は皆さんよく耳にされると思います。
正確には外傷性頚部症候群といいますが、頸(くび)がムチのようにしなって発生することから「むち打ち症」と呼ばれています。

この症状の多くは交通事故などの追突事故によって発症します。
頸は脳に近く、また末梢神経の元ともいえる場所です。抹消神経は頸や背中を通って全身に枝分かれしていくため体の様々な機能に支障をきたすのです。
むち打ち症の恐いところは、受傷直後にはあまり自覚症状がないことです。たいていは一日二日後から徐々に症状が現れ、だんだん悪化していきます。
事故直後の心理というものは、「自分は重症ではない」と思いたいものですが、自己判断せず、必ずすぐに病院で診てもらうことが重要です。後に因果関係をめぐって様々なトラブルに発展する恐れがあるからです。
ただレントゲンなどにはっきりした異常が現れることはまれで、自覚症状だけがしつこく残る状況が多くみられます。

当院のむち打ち治療の特徴は7種類の治療法を組み合わせることにあります。
ひとつの治療に限定せず、様々な角度から治癒を促すので、あらゆるケースに効果を発揮します。

急性期は安静を保つため、状況に応じて頚椎カラー、装具等により固定を図ります。
この整骨治療は柔道整復師が行います。柔道整復師とは、骨接ぎのスペシャリストです。
患者さんの生活スタイルになるべく沿った形で患部を保護する方法を考えます。
また、湿布薬や酸素オイルなどで患部の炎症を抑えます。

急性期が過ぎたら本格的な治療を始めます。
具体的には ・鍼灸治療 ・レーザー治療 ・あんまマッサージ指圧治療 ・整体治療です。
鍼灸治療・レーザー治療・あんまマッサージ指圧治療は、患部の痛みを和らげるとともに、自律神経の安定を図れます。
むち打ち症で現れやすい腰痛、頭痛、耳鳴り、不眠症、不安神経症、めまい、吐き気・・・
その他不定愁訴に対しても効果があります。

ケガや痛みのため体のバランスが崩れて、無理な姿勢で痛みが増したり、ケガをしていない部分までが痛み出したりすることがあります。
整体治療でバランスを整え、正常な状態へと誘導します。

最後に酸素セラピー(酸素カプセルエアナジー)です。
酸素効率を良くすることで、様々な症状の改善に役立ちます。
以上7つの治療法であらゆる角度からアプローチしていきます。

詳しくは、交通事故の治療ページをご覧ください

院長 関の健康コラム『Face to Face』vol.6 「後々つらいむちうち症 初期判断が大切です 」 掲載

整骨院では以下のような症状で、健康保険の適用が可能です

1.骨折 2.脱臼 3.捻挫(頚椎捻挫=むち打ちも含む) 4.挫傷 5.打撲
※健康保険の扱える症状や治療法は限られています。当院の保険治療は法にのっとり適正に行っています
※治療時間は20分となります。
※負傷原因(いつ、どこで、どうやって痛めた)が明確なもので、カウンセリングにて上記症状と判断されるもの。
※骨折、脱臼は応急処置のみ。治療は医師の同意が必要。
※慢性期に移行したした場合、保険適用外となります。

  • 保険証をお持ちください。
  • 月に一度、保険証の確認と、保険請求の委任書にサインを頂きます。