婦人科系疾患

ホルモン治療の副作用(50代女性)

sos子宮筋腫のため、ホルモン治療を行うようになってから頸と肩の痛みが出てきて2,3週間前からひどくなり来院。

頸肩の痛みのほか、貧血や不眠症、片頭痛、冷えなどの症状もある。身体を温めながらヘッドマッサージを含め頸~肩を中心に治療を行う。頸肩の痛みは軽減し、現在も治療を継続中。(秋間:柔道整復師)

帝王切開後の不調(肩こり・頭痛・吐き気・生理痛)(40代女性)

sos逆子による帝王切開後、生理時の腹痛や頭痛に悩まされて来院。婦人科では特に問題ないと言われているが、痛み止めはなるべく飲みたくないとのこと

帝王切開の傷口の癒着による代謝不良も考えられるため、子宮を温めるお灸の治療を中心に行う。治療をすると頭痛や肩こり生理痛がかなり減るとのこと。吐き気は全くなくなった。月に1回~2回の治療を継続中。たまに治療を休むと痛みが再開する(関:鍼灸師)

更年期による血圧上昇(50代女性)

sos首肩こりが辛く、血圧が高くなり、最高血圧160~170ミリ位。薬はあまり飲みたくないそうで、まだ飲んでいないという。

鍼灸にて全身治療と首肩こりを緩和させる治療を行う。治療後数日間、最高血圧130~140ミリ位に落ち着いていた。現在治療継続中。(網代:鍼灸師・あんま指圧マッサージ師)

生理不順(20代女性)

sos20代の頃より生理時に下腹部と腰の痛みが続いている。また、生理前になると身体が重だるく頭痛あり。

手足や腹部、仙骨部の冷えが顕著である。鍼にて全身調整をし、冷えている腹部、仙骨部、足などに灸を施す。週1回の治療を3回にて、生理時の下腹部痛や腰の痛みをあまり感じなかったので、薬を飲まずに済んだとのこと。現在も継続治療中。(網代:鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

生理不順(20代女性)

sos6年前から、頻発月経になり、低用量ピルを服用。むくみ、脱毛などの副作用があり、ピルの使用を中止したら、今度は無月経となった。元の正常な月経に戻したいとのことでご来院。

体深部の冷え、上実が強く、腎虚。刺さない鍼による全身治療をベースに進めていく。6回目の治療後、生理が来るが、また頻発月経で2週間に1度のタイミング、その後6回の治療で周期が21日となり、その時の経血は多かった。薬の影響もあり、変化出にくいが一歩一歩改善している。1~2週に一度の割合で治療を継続中。(川口:鍼灸師)

子宮筋腫(40代女性)

sos子宮筋腫が出来て以来、夜間頻尿で寝不足に

ストレスにより肝機能が低下し、血流の流れが悪くなっている状態を鍼灸治療し、皮内鍼をして以来、尿の症状が改善した (佐藤:鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

生理痛(40代女性)

sos腰痛ということで来院されたが、生理前毎に痛みがひどいとのことで、生理痛として施術

生理周期に合わせた鍼灸治療を2~3周期続けることで軽減してきた(藤本:鍼灸師)

生理が来ない(20代女性)

sos以前にも環境の変化やストレスの度に度々生理が遅れたり止まることがあったが、今回は半年近く来ず長引いているとのこと。数ヶ月漢方薬を続けているが来ないとのことで鍼灸を希望

漢方薬との相乗効果もあってか、鍼灸施術数回目で生理があった(藤本:鍼灸師)

更年期障害(50代女性)

sos55歳、3か月ほど生理が来なくなり、そろそろ終わりかと思っていたが、ホットフラッシュなど様々な更年期障害のような症状が出始め鍼灸を希望

全身治療と腎経への鍼灸で次の日より生理が再開し、更年期症状も治まった。月に3度~4度の治療を継続中(関:鍼灸師)

更年期障害(50代女性)

sosのぼせ、多汗などが主症状の更年期障害で来院

自律神経や内臓を調整する鍼灸で全身治療10回ほどで症状が軽減。年間通じた治療計画をご提案。一年前の同時期に比べると体が楽になってきた。以後も治療を継続中(川口:鍼灸師)