自動車損害賠償責任保険いわゆる自賠責保険について

交通事故に遭った場合、損害賠償請求など様々な問題が生じます。
また、これに伴い心のケアが必要になることもあります。
東京都では交通事故にお困りの方のため、専任相談員および心の相談員からなる
交通事故相談所を設置しています。★一般財団法人東京都交通安全協会

自動車損害賠償責任保険いわゆる自賠責保険
患者様(被害者)の費用負担はありません。
相手側(加害者)の自賠責保険の適用となります。
自賠責保険は、ケガに対して120万/1人を限度に支払われます。
この限度額には、「治療費・慰謝料・休業補償・交通費」が含まれています。

◆自動車損害賠償責任保険(強制保険)の請求に必要な基本書類一覧表

加害者請求 提出書類名 被害者請求
死亡 傷害 仮渡金請求の際に提出した書類は、保険金あるいは損害賠償額請求のときには、再提出の必要はありません 死亡 傷害

保険金

損害賠償額
保険金(または損害賠償額)支払請求書★
交通事故証明書
事故発生状況報告書(事故現場の見取り図)★
  診断書および診療報酬明細書★  
  死体検案書または死亡診断書  
  戸籍謄本  
請求者の印鑑証明
委任状(委任者の印鑑証明添付)請求権・受領兼を委任する場合に必要
示談書★ 領収書    
看護費、交通費、雑費などの明細書・領収書など
休業損害に関する証明書★

①〇印は必ず必要な書類です
 △印の書類は、係りの説明を聞いてそろえてください
 ★印の用紙は保険会社の窓口に備え付けてあります

②被害者が2名以上の場合は、請求書はそれぞれ別々に作成します

③保険請求の時効
 被害者の場合は、事故が起こってから3年以内、
 加害者の場合は火が医者に賠償してから3年以内に保険会社に請求しないと
 時効になります

④この一覧表は、各事故に共通した基本書類を示したものです。
 場合によってはこれ以外の書類が必要になりますのでご注意ください

 

安心して治療に専念していただくために必要な事項が様々あります。
当院の院長が丁寧にアドバイスさせていただきます。
自損事故や加害者であってもご自分も怪我を負ってしまった場合は、
ご本人の健康保険や任意保険が使用できます。
何でもお気軽にご相談ください。03-3524-0270