vol.98 お尻が痛い!?(2) | 東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
当院の院長・関が毎月、皆さまの健康に役立つテーマを取り上げてアドバイスいたします

vol.98 お尻が痛い!?(2)

お尻の筋肉はなかなか鍛えにくい筋肉ですので、日常生活で意識していくことが大切です。

まずは、お皿洗いなど立ち仕事の時に内腿に力を入れ、お尻の穴をきゅっとすぼめ、下腹に力を入れてみましょう。歯磨きの時は、上の歯下の歯で片足ずつ直角にあげる片足立ち運動をします。
階段はできれば1段抜かしで登り、歩く時は歩幅を大きく取りお尻に力を入れてみましょう。
朝起きたら仰向けで膝を立て、腹部に力を入れてゆっくりお尻を持ち上げます。腰が反りすぎないように気をつけましょう。
うつ伏せになり膝を付き、片足ずつ膝を伸ばして後方にあげます。
身体が揺れないように気をつけましょう。
横向きになり、肘を付き、頭を支えて上側の脚をゆっくり真上に引き上げ停止します。逆も行います。
毎日続ければ必ず効果が出ます。

そしてもっとも効果があると言われているのが「四股踏み」です。
①足を肩幅ほど平き、つま先を外に②背筋を伸ばす
③足首、膝、股関節の角度が直角になるようにお尻を垂直に降ろす
④右の足首、膝、股関節が一直線になるように、右へ重心を移し、左足をあげ2秒キープ
⑤反対側も同じように行う

力士もこの四股をどれだけやったかが大きく勝敗を分けるとか。
四股踏みで臀部の筋肉を鍛え、股関節を柔軟にしていつまでも健脚でいることが元気の秘訣です。


関 修一(せきしゅういち) 健育会 東銀座整骨院・整体院・鍼灸院 
院長代替医療の総合治療院としての確立を目指す。
タイトルのface to faceは「患者さん自身と向き合って患者さんの症状と闘う」ことを願ってつけた