vol.97 お尻が痛い!?(1) | 東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
当院の院長・関が毎月、皆さまの健康に役立つテーマを取り上げてアドバイスいたします

vol.97 お尻が痛い!?(1)

最近、硬めの椅子に座ると、お尻が痛い…という方がよくいらっしゃいます。
これはお尻の筋肉が薄くなり、すぐ下にある座骨と椅子が、薄くなった筋肉を挟んで痛くしている状態です。

こうなったら要注意です。お尻を構成する筋肉は、大臀筋・中臀筋・大腿四頭筋・内転筋・縫工筋などですが、いわゆるお尻という意味では大臀筋・中臀筋が相当します。これらの筋肉は、カラダの中で大変重要な股関節を支えています。
そうです、お年寄りに多い腰の痛み、膝の痛みは股関節に問題があったことを思い出してください。つまり、臀部の筋肉が衰えてくるとともに、股関節も緩み、膝や腰に波及する可能性があるということです。

しかしなかなかお尻の筋肉量まで気が周りませんし、私はそもそもお尻が大きいから大丈夫と思っていらっしゃる方も多いのです。ですが、実は大きなお尻というのは臀筋が緩み、横に広がった状態かもしれないのです。
大きくてもキュッと引き締まったお尻、太ももとの境目がはっきりしているお尻が理想のお尻です。

ですからこの「椅子に座ると痛い」とうサインを見逃さないで、今からでも遅くはありません。臀部の筋肉を鍛える努力が必要です。

次回は簡単な臀部トレーニングをお伝えします。


関 修一(せきしゅういち) 健育会 東銀座整骨院・整体院・鍼灸院 
院長代替医療の総合治療院としての確立を目指す。
タイトルのface to faceは「患者さん自身と向き合って患者さんの症状と闘う」ことを願ってつけた